社長メッセージ

かつて人々は、夢や感動、喜びを求めて劇場や映画館へ足を運び、屋外レジャーへと出かけました。
かつて夢だったものはつぎつぎに現実のものとなり、かつて感動や喜びを提供してきたものたちは過去の遺物として置き去りにされてしまいました。

時代の移り変わりは人のココロの移り変わりです。人々に夢や感動、喜びを提供してきたものたちも、人のココロの変化に呼応し、響き続けたものだけが生き残ることができたのです。

これから先の未来はどうなるのでしょう。人のココロに夢や感動、喜びを与えるモノは次々に産み出されてゆくことでしょう。今日ではデジタルメディアやエンターテインメントなどのサービスは百花繚乱。「観る」「聴く」「体感する」をもはるかに超えた仮想的な世界へと導かれています。

ではぱちんこ、パチスロはどうでしょう。
ぱちんこやパチスロもかつては身近なレジャーとして人々の生活に潤いを与えてきました。

時代の変化とともにぱちんこパチスロも変化を続けてきましたが、果たして移りゆく時代ごとに、移りゆく人々のココロに響いてきたのでしょうか。

私たちは信じています。

ぱちんこパチスロがその時代に生きる人々のココロに夢や感動と喜び、そして潤いを提供できることを

私たちは約束します。

その時代に生きる人々のココロに響くぱちんこパチスロを提供しつづけることを

                   

私たちの目指す夢は遥か遠いところにありその道は険しいものです。しかしそれを知っているからこそ、勇気を持って一歩踏み出すことができるのです。
                   

私たちの情熱が冷めることはありません。この情熱を持ってひたむきに進めばこの夢は必ず現実のものとすることができると信じています。
                   

そして人々に感動と喜びを提供することこそが私たちの夢なのです。

                   

これからも七匠は挑戦を続けてまいります。

代表取締役
照沼 丈史

創造性あふれる遊技機の開発を通してお客様、取引先そして従業員が同じ夢を共有し、「人が人として豊かになれる社会づくり」に貢献すること。「人とASOBI(=遊び)をプロデュースする企業」こそ、私たちの企業理念です。

私たちはモノづくりを追求する「匠」の集団でありたい

遊技機にはおなじみの数字「7」と、モノづくりの「匠」であり続けたい! という熱い願いを込めて名付けられた「七匠」という社名。人々を「あっといわせる」ような遊技の仕掛けを創り出すためには、非常に高度な専門性と同時に柔軟な発想力と創造力が問われます。私たちは「ASOBI(=遊び)」を生みだす匠、そしてプロフェッショナル集団であり続けます。

“一歩”先行くメーカーとして…「誰も見たことのないもの」をカタチに!

新しいものを生み出そうとする意欲と発想力、チームだけでなくまわりの人間を納得させる情熱を持っている。日々おもしろいもの・楽しいことを求め、アンテナを張る強い好奇心が必要不可欠。またプロジェクト遂行のために、企画の意図を伝え、チームの意見をまとめるコミュニケーション力・調整力も求められます。

自由で柔軟な組織から斬新なプロダクトが生まれる!

当社スタッフが、最高の能力を発揮し創造的プロダクトを生み出すために、出来る限りプロジェクトの希望を優先できるように配慮。スタッフみんなが積極的にプロジェクトに関われるよう年齢や経験などの垣根を極力排除し、それぞれが持っている個性やアイデアを活かす“フラットな社内環境”の整備に努めています。